FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小児糖尿病の知っておきたいこと

2型糖尿病を患っている子供は、こんな時期に食事制限をしなければならないのです。1型の糖尿病については医学の進歩により、決定的な治療法が確立しつつあります。というのも、大人の場合は必要以上の食事を取ってしまったりすることが原因なので必要以上に食べることさえやめれば大幅に改善されます。小児ということで子供に発症する糖尿病のことです。ですが子供の場合はこの必要以上という基準が分かりづらいのです。今の子供のライフスタイルを考えると全ての子供にリスクがあるように思います。

一体どうすればいいの?という声が聞こえてきそうな状態になってしまうのです。ですが実際に小児糖尿病は現実の問題として浮上しています。まずは1型と呼ばれる先天的な理由による糖尿病。スポーツも当然可能で、阪神タイガースの岩田投手のように中には1型糖尿病を抱えながらプロ野球選手になり、第一線で活躍している例もあります。これは先天的な免疫システムの誤作動によって起こるもので、本人は全く責任のない理由から発症します。これはどういうことでしょうか。

成長期にある子供は本来大食です。糖尿病をめぐる動きの中で注目されているのが、小児糖尿病です。これら2つのタイプは根本的に原因が違うので別の病気として認識する必要があります。というのも糖尿病は生活習慣の積み重ねによって発症するので、相応の年齢になった人だけのものであるはずなのに、子供で発症?という疑問が起きて当然ですね。ここまで読んだ方なら、ある矛盾に気づかれると思います。次にもうひとつの2型について見てみましょう。

筆者も経験がありますが、どれだけ食べても食べ足りないという感覚はどなたでも経験があるのではないでしょうか。あとはその先端医療の知識を持つ医師が増えるのを待つのみ、という段階にあるようです。こまめな血糖値検査やインスリン注射が欠かせませんが、それさえしておけば普通の子供と同じような生活をすることが出来ます。肥満大国アメリカではこの2型小児糖尿病についての研究も進んでおり、その結果やはりファーストフードやゲーム、テレビなどが影響している可能性が高いとのことです。小児糖尿病の場合は2つのタイプがあります。こちらはいわゆる生活習慣による糖尿病とよく似たもので、むしろこちらが厄介です。


プロフィール

なな

Author:なな
FC2ブログへようこそ!

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。