FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エステティシャンの情報収集

お客様に「快適さ」「心地よさ」を感じてもらうことも、エステティシャンの大事な要素だといえます。エステティシャンはアパレル販売職と同じで、スタッフ自らキレイであることが、お客様への視覚的魅力として伝わります。特に大都市周辺、若い女性の就業者が大半で、毎年2,000人程度の入職者がいるとされています。よって、技術がプロ級でもお客様が満足しなければ最高のエステティシャンではないということです。ですので「エステティシャン」でもいろいろな分類にわかれることになります。

現在、ほとんどのエステティシャンはいずれかのサロン(店舗)に属し、給与は月給制になっています。OLの利用者が多い為、エステティックサロンのほとんどは、昼頃から開業し夜9時~10時頃までの営業時間が多いようです。その上で、どんなエステティックの方法を採るかを決めていきます。基本的に予約制を採っているので、営業時間外労働はほとんどありません。その領域は大きく分けると、フェイシャルトリートメント、ボディケア、脱毛、カウンセリングの四つになりますが、エステティックサロンによって、この全部を行う場合と、一部のみを行う場合があります。

実際に、知り合いの女性でリフレクソロジーのサロンでアルバイト中の子がいます。お客様がいないときに、先輩から指導を受けるとのことです。マッサージに行って、逆に「揉み返し(揉んでもらうことにより、もっと肩などが凝ること)」を受けたなんて経験をした人も一度はあるのではないでしょうか?エステティシャンは、全国に推定で約3万人いるそうです。キラキラと内面・外面ともに輝いているエステティシャンこそ、本当のプロだと個人適には思います。このようにOJTで仕事を覚えさせるサロンもあれば、大手エステサロンのように一環したプログラムを受講して初めてエステティシャンになれるというところもあります。

毎日の手入れをどうしているのかを聞き、それに対してよりよい方法をアドバイスします。話を聞いてみると、はじめは、おしぼりを作ったり、準備や後片付けといった作業が多いそうです。「たまには親孝行・・・」と思って親の肩を揉んでいると、「エステティシャンになってよ~」といわれることがあるのは私だけでしょうか?といっても、現在のエステティックは「全身美容」の訳語が当てられて、髪を除く全身の手入れを指しています。なかでもカウンセリングは、主に初めてのお客様に対して肌の状況や要望を聞き、どこがどんな状態で問題があるのかを見きわめます。


プロフィール

なな

Author:なな
FC2ブログへようこそ!

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。