FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネイルサロンのイメージのまとめ

ネイルサロンが一般的に浸透したことには、エステサロンの普及にも関係があるように思います。ネイルのおしゃれというと、以前は夜のお仕事をするお姉さん方や、テレビにでている芸能人が高価なお金をかけてするものというイメージがあったのですが、いまやネイルサロンに足を運ぶお客さんは、学生や一般の主婦層にまでひろがっているようです。また、ネイルは誰からもみえるところに施すお洒落であるために、「私もそんなおしゃれがしたい」という風に伝達されていき、ネイルサロンは芦屋から西宮まで足を延ばし、銀座から町田へと店舗を拡大していったのではないかと思うのです。

「私は頭のてっぺんからつま先までおしゃれに気を使っている」という自己満足から、自分自身への自信が生まれているのではないでしょうか。若い女性の指先を見ていると、その賑やかな色合いと様々なデコレーションに目を奪われることがよくあります。エステサロンという密室での施術の不透明さが、非常に親しみやすい価格で提供されたことによって、美容にかける一般の女性たちの興味がぐんとあがったのではないでしょうか。

もともと、エステサロンも一般の女性が行くというよりも、関西でいうなら芦屋のマダムやお嬢様たち、東京でいうなら銀座で買い物をしているようなマダムのような面々が足を運ぶところといったイメージが強かったですが、今やワンコインのエステが存在することからもわかるように、今までは、秘密の花園といった雰囲気を持っていたサロンの扉が多くの人にも開かれるようになったことは非常に大きな変化であったのだと思います。店舗が増えると競争が生まれ、価格が下がると利用者が増えていく、そういった繰り返しがネイルサロンをより広い範囲の女性たちにとって身近な存在にしていっているのだと思います。ネイルサロンのサービスにもピンからキリまであるようで、その価格の変化から、ネイルサロンに足を運ぶ年代にも大きな変化が生じているように思います。

「美しくなる」ことが特別な作業ではないということが浸透していくにつれ、顔やスタイルだけではなくもっと細かいところまで心を配るようになった女性たちが、体の一番端にある「ネイル」という部分へのおしゃれに目覚めたのではないでしょうか。そうした、自分自身の容姿に投資するという意識が芽生えたことが、最近のネイルサロンの爆発的な普及につながったのではないかと思うのです。「すみずみまで美しくなりたい」という欲求と、つま先におしゃれを施すという、ささやかな贅沢感が、ストレスの発散にもつながるのではないかと思います。


プロフィール

なな

Author:なな
FC2ブログへようこそ!

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。