FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペットのメタボの為に

箕面にはたくさんの猿が生息しており、道路に出てきては観光客が車の中から投げた食べ物を拾って食べています。猿以外にはメタボ猫というのもよく話題になります。このニュースは堺市の話ですが、同様の事態は全国的に起こっているそうです。これが目当てでやって来る観光客も多く、ここの猿もメタボになるのは時間の問題かも知れません。そのため飼い主や接する人間がそのことを留意して余計なものを与えないことが大切で、何でも食べ物を与えてメタボにしてしまうのは動物虐待だ、という声もあります。一時ニュースを騒がせた「メタボ猿」の話をご存知でしょうか。

動物のメタボについてです。その名の通りメタボになってしまった猿のことで、このニュースでは大阪・堺市にある公園のサル山が取り上げられていました。野生の猿が道路に出てきては車で訪れた観光客に食べ物をねだる、という光景は全国のいたるところで見ることが出来ます。猫というのは本来屋外で自由気ままに動き回って生活する生き物ですが、家の中で飼うとなるとそうはいきません。ここのサル山にいる猿が集団肥満になっている、というのです。

よく観光地に生息する猿が土産物屋の商品を狙ったり観光客の持っている食べ物を奪い去る光景を目にしますが、人間に近い生き物である猿は人間が食べるようなものは何でも食べられるのでしょう。実際の映像を見たわけではありませんが、見た目にも分かるほどのおデブばかりだそうで、なぜこんなに太ってしまったかと言いますと、見物客が思い思いに餌を与えてしまうからだそうです。それを面白がった見物客が餌を与え、毎日が食べ放題となっているせいでメタボ猿の完成となったわけです。ついに飽食の時代もここまで来たかと思わせる話ですが、ここではさらに世も末なお話をしたいと思います、そう、動物です。確かに猿は雑食ですから何でも食べます。

動き回る場所が少ないことから一日中寝ていることが多く、どうしても運動不足になります。その状態で餌を食べ放題にしたり、人間の食べるようなものを与えるとメタボになる可能性が高くなります。他に複数の猫と一緒に飼っている場合は猫同士で遊びまわる時間もあるのですが、一匹で飼っているとヒマなので動くことが非常に少なくなります。人間の場合は自分の意思で生活習慣を決めることが出来ますが、動物の場合はそうはいきません。筆者は大阪北部の出身ですが、そこに箕面という山の多い地域があります。


プロフィール

なな

Author:なな
FC2ブログへようこそ!

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。