FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨガブームの知っておきたいこと

欧米を中心にヨガは大ブームになり、アメリカ、イギリス、フランス、あるいはドイツや香港、オランダなどでもヨガは大流行しています。それはアメリカ、特にニューヨークやハリウッドといった日本でもセレブリティと呼ばれる人たちの間でヨガが流行した影響が強くあります。また「アシュタンギ」とは、「アシュタンガヨガをする人」、という意味で、いずれにしてもヨガ用語です。ヨガウェアのブランド「nuala」を大御所スポーツメーカー「プーマ」とタイアップして作るなど、今ではほとんどモデルというよりも、ヨガのインストラクターというイメージが定着しています。

TIME誌の表紙で、ヨガのポーズを決めるクリスティーが紹介されたのも、センセーショナルなニュースとして随分話題になりました。ブームはインドから直接きたものではないと考えられていますが、こうした日本での流行を受け、ヨガ・ブームは今ではインドへ逆輸入されているほどです。そんなヨガブームをアメリカで巻き起こしたのは、マドンナやメグライアン、グウィネス・パルトロウ、クリスティー・ターリントン、といった今なおヨガを愛し、実践し、全世界でヨガファンを増やし続けている海外セレブたちです。スーパーモデルであるクリスティーナ・ターリントンは、自らヨガの著書「living yoga」を出版していますが、彼女は8種類のヨガに精通しています。

ニューヨークだけでヨガを実践している人は10万人以上をカウントしているそうで、こうした数字からもアメリカはヨガのルーツであるインドを凌ぐ勢いで支持されていることが分かります。それでは、マタニティヨガや美容・健康のためのヨガなど、現在のヨガ・ブームはどのようにして起こったのでしょうか。特にマドンナとクリスティー・ターリントンは、欧米におけるヨガブームの火付け役と言えるでしょう。ヨガ好きの代名詞として知られるマドンナは、主演映画「二番目に幸せなこと」といった作品で、ヨガのインストラクター役を演じたり、出産直後のアルバム「レイ・オブ・ライト」に「シャンティ/アシュタンギ」というタイトルの楽曲を納めるなど、世界的にアシュタンガヨガを普及させた仕掛け人と言える存在であることは間違いありません。

ヨガの専門誌「ヨガジャーナル」も月刊誌として隔月で発行され、アメリカだけでもヨガ人口は相当な数にのぼります。「シャンティ」はサンスクリット語で「平和」という意味を持ち、平和という意味が転じて「心の静寂」という使われ方もします。ヨガの専門スタジオは主要なエリアに次々にオープンし、街中にヨギ=ヨガを実践する人が溢れているそうです。


プロフィール

なな

Author:なな
FC2ブログへようこそ!

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。