FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市販されているプラセンタの記事

コンビニで買えるということで有名なDHCから、植物性プラセンタの化粧品が販売されています。最近では産地偽装や食の安全という問題が取り沙汰されることが多く、プラセンタと言えども産地がどこなのかを知りたいと言う人は多いはずです。羊と言えばニュージーランドですね。その名もズバリ、「プラセンタ研究所」という化粧品のブランドがあります。実際に美白効果を謳っている化粧品のほとんどに何らかの形でプラセンタが配合されているので、実はプラセンタは非常に身近なものだということですね。世界一の牧畜数を誇る本場ニュージーランドの羊から作られたプラセンタ化粧品があります。

プラセンタ商品もDHCらしく安いのですが、元々そんなに安くはないプラセンタが入っていて安いということは、それだけプラセンタの含有量が低いということなので効果はあまり期待しないほうが良さそうです。プラセンタものとしては10年以上の歴史を持っており、プラセンタ化粧品としては信頼できる老舗ブランドです。これはビービーラボラトリーズという会社が製造販売している化粧品なのですが、名前の通りプラセンタが配合されている化粧品です。つまり日本国内で飼育されている豚の胎盤です。DHCはコンビニで買えることと、価格が安いことで有名な化粧品です。

豚の胎盤よりも臭いが少なく効果が高いという触れ込みで販売されているのが羊の胎盤で作られたプラセンタです。安心の国内産、というわけにはいきませんが羊の胎盤は豚よりも人間のものに近いと言われており、体との親和性という部分で注目を浴びているプラセンタ化粧品です。それでは市販されている化粧品の中でプラセンタが配合されているものについてご紹介します。とは言え、プラセンタが合うか合わないか分からない状態で高価なプラセンタ化粧品を買うのも何なので、こうした初心者向けの商品はいいのかも知れません。最後に植物性のプラセンタ化粧品もご紹介しておきましょう。

商品名は「羊のプラセンタ入りクリーム」と言います。化粧水とパウダーというラインナップになっているので、顔の肌で気になる部分に直接塗布して使います。この「プラセンタ研究所」はあらゆるショップで取り扱われているので、プラセンタ商品を探そうと思ったらすぐに見つかると思います。プラセンタは医療機関だけでなく、一般に市販されているものでも取り入れることが出来ます。まずは気になるプラセンタの出元ですが、国内産の豚の胎盤を使用しています。


プロフィール

なな

Author:なな
FC2ブログへようこそ!

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。