FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘアマニキュアのうわさ

自然のものなので、刺激性が少ないのが最近の人気の秘密です。ブラウンのなかでも、色白の方はゴールドやバイオレット、グリーン系のブラウンがおすすめです。現代は老いも若きも染毛(・・・つまりカラーリングですね)時代!抵抗なく社会でも受け入れられているように感じます。「染毛剤」とひとことでいっても、実は日本では「染毛剤」=“医薬部外品”、「染毛料」を“化粧品”として薬事法では分類されています。対して、ブリーチ剤は髪の色素を抜いて色を明るくするためのもの!髪のメラニン色素を抜いているので、厳密にいえば染めているとは言えません。

自宅でヘナを使用して染める事も可能です。肌色が濃いめの方はオレンジやアッシュ系が好まれていますよ☆。目立たない茶色だったらOK,という企業も多いですよね。市販のカラーリング剤の説明書にも必ず書いてあると思いますので、面倒くさがらずにきちんと読みましょう。美容室で「ヘナ」という言葉を耳にしたことはありませんか?ヘナはインドやエジプトの地で生えている薬草のことを意味します。

パーマやドライヤーでダメージを受けた髪質の人が多いからというのも一理ありますが、アレルギーや皮膚が弱い方が使用して髪だけでなく肌あれも引き起こしたという事例も報告されています。消費者センターにくる被害連絡は少なくないのが現状です。どちらを使用するにしても、トリートメントをしてもらうorすることをお勧めします。いざ染めよう、と意気込んでも何系の色がいったい自分に合うのかかなり迷いませんか?全ての肌色に似合うのはブラウンですので、迷ったらブラウンからトライしてみましょう。ヘアマニキュアは、毛髪を一時的に染めるものです。

ですので、使用前には「パッチテスト(肌の別の部分や髪の一部に液を付着させ、アレルギー反応がでないか調べる)」を行いましょう。どちらも髪に良いわけではありませんが、ブリーチ剤の方が髪が痛む割合は高いです。また、年を取ってくると白髪染め(最近は白髪も茶色に染められるものもあります)を使用している人も多いのではないでしょうか?ヘアサロンで行う人、自宅で染める人、それぞれかと思いますが「ヘアサロンで言われるがままに染めて、後日痛んでしまった」「自分で染めたら失敗した、ムラができた」など実は知識がないゆえのトラブルも増加しています。独特のにおいがします。


プロフィール

なな

Author:なな
FC2ブログへようこそ!

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。