FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

口臭を防ぐ方法の情報収集について

状態の良い歯ブラシで、小刻みに横に動かし、研磨剤入りの歯磨き粉はなるべく使用せず、ブラシを当てる圧力を、持ち方を変えたり毛の柔らかいブラシに帰るなどして過剰にかからないようにしましょう。通常は1~2ヶ月が取り替え時期ですが、余りにも早く毛が開く場合は、強く磨きすぎている場合があります。強く擦れば良いというわけではなく、強すぎるブラッシングは歯茎を痛め、歯の付け根をすり減らしたり、歯の根を露出させてしまったり、知覚過敏症を引き起こしたりします。チューイングガムによって、唾液分泌を促進する方法もありますが、ガムによる口臭予防には、シュガーレスタイプやキシリトールガムを選びましょう。また、お口の香りのスプレーや、錠剤、顆粒といった清涼剤の使用でも、マスキング効果が狙えます。

洗口剤や水歯磨き剤の使用は、主に含まれる香料によって、口臭をごまかす「マスキング効果」と、きちんとした薬用成分によって「消臭と除菌効果」を期待できるものに分かれます。少しは歯の清掃効果と、配合成分によるマスキング、消臭効果を得られます。また、歯ブラシを何本か交代で使うと、1本1本が長持ちするようです。また、歯ブラシをいつまでも変えないで使用を続ける方もよくいらっしゃいますが、歯ブラシはこまめに取り替えましょう。そしてコントロールは難しくもありますが、緊張やストレスなどによる乾燥を防ぐためにも、リラックスすることは口臭予防にも大切になります。

ある程度使い込んでしまうと、毛の弾力も落ち、擦り切れて曲がってしまうこともあり、今毛先が隅々まで届かないので汚れも完全に落としきれず、また歯茎を傷つける恐れもあります。口臭の一因でもある口の渇きを防ぐことができ、またカテキン成分により、殺菌、消臭効果があることが判明したからです。歯ブラシを清潔に保つためにも、複数の歯ブラシを所有することは大変お勧めです。また、最近よく話題になるのが、お茶を呑む口臭予防策です。ただし水で口をゆすぐ方法では、短時間しか効果が続きませんが、歯ブラシがないなど、ちゃんとブラッシングができない場合には応急処置として行うには良いでしょう。

一回一回乾かす気持ちでいて下さい。また、歯ブラシは使用後、不潔にならないように十分に洗い、水気をきちんと切ることも大切です。原因治療ではありませんが、口臭を防ぐ方法を幾つかご紹介しましょう。一番簡単な方法は、水で口をゆすぐことです。毛先が開いてきたら新品と取り替えなくてはなりません。


プロフィール

なな

Author:なな
FC2ブログへようこそ!

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。