FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生理痛と産婦人科について考える

軽度の生理痛であれば、市販の鎮痛剤を飲むことで軽減することができますが、鎮痛剤を飲んでも収まらない痛みまで個人差があります。これらの症状の場合は特に病院などでの治療は必要ないもので、その多くは日常生活の改善や出産などで軽減されることが多いようです。生理痛とは、生理の期間の間に起こる痛みのことで、その症状は腹痛・腰痛・頭痛など様々です。しかしながら、生理痛は個人差が大きいうえに、他人の痛みと比べることができません。

生理痛とホルモンバランスは大きく関係しているため、日常生活でのストレスや不規則な生活が原因で起こることがあります。機能性月経困難症とは特に原因のない生理痛のことを指していて、痛みの原因はホルモンバランスが崩れたり、心因的な原因(ストレスなど)であったりしますが特に治療の必要はありません。この生理痛の症状は大きく分けて2つに分かれていて、機能性月経困難症と器質性月経困難症とに分類することができます。器質性月経困難症とは子宮や卵巣などの生殖器・またはその周辺の臓器に痛みの原因がある場合の生理痛のことを指します。

まれに子宮の発育が未発達なため、月経血の排出がうまく機能せずに痛みを起こす人もいますが、この場合は年齢を重ねることや出産を経験することで自然と解消されます。子宮などの生殖器の病気は、自己判断がしにくく、悪化すると将来不妊症になったり、重度の場合は命を脅かす可能性もあります。そのため、自分の生理痛が病的原因があるほど重いのか、機能上の痛みだけなのかという判断をつけることが非常に難しいものです。これは子宮内膜症や子宮腺筋症・卵巣嚢腫などの病気を伴っていることが多く、生理痛の症状も比較的重い場合が多いです。

鎮痛が効かないからといって、多量に服用しても効果はありませんので、痛みを自分の判断で我慢せずに、早期に産婦人科へ受診しにいくようにしましょう。市販の鎮痛剤を服用しても痛みが軽減しない場合や、毎回生理がくるたびに症状が重くなったり出血の量が増えてきている、という人は注意が必要です。また、生理痛は月経のある生理期間中のみではなく、生理の前後期間にも痛みを発症することが多いですが、病的な原因がある場合の多くはこの前後期間を含めて痛みの期間が長いことが多いようです。機能性月経困難症の生理痛とは違って、痛みの程度が重く、生理を重ねるごとに酷くなってくるケースが多く、該当する人は注意が必要です。


プロフィール

なな

Author:なな
FC2ブログへようこそ!

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。