FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サプリメントの栄養素をチェック

5大栄養素とは、糖質(炭水化物)、脂質、たんぱく質、ビタミン、ミネラルです。こうした不足しやすい栄養素を補充する目的のサプリメントですが、製法から3つに大別できます。ビタミンの種類は非常に多くありますが、ビタミンが作用するためには、ミネラルがなくてはなりません。その食品は3種類に大きく分けられますが、まずは「特定保険用食品」で「トクホ」と略称されます。サプリメントは優先度で分類すると、人間が生きていく上で必ず必要な栄養素(必須栄養素)を補うもの、次に身体の調整機能に関わる栄養素(副栄養素)を補うもの、そして予防効果を期待して摂る機能別栄養素の順番になります。

3大栄養素が作用するためには微量栄養素も必要なのです。そして必須ビタミン、必須ミネラル、必須脂肪酸は栄養素の中でも、不足しやすい、と考えられています。けれど現段階では錠剤や粉末状のものは認可されていませんので、トクホに分類されるサプリメントは現状ではあり得ません。それでは次に、実際のサプリメントにはどういったものがあるのかを見ていきたいと思います。その規定とは、12種類のビタミンと5種類のミネラルのいずれかが一定量含まれ、その栄養素の機能を、厚生労働省に届出や申請なしに表示することが可能な食品です。

トクホは厚生労働省から認可を得ていますので、特定の保険用途での効能を表示することができます。副栄養素や機能別栄養素には、必須栄養素の代わりになりません。基本的に成分表に書いてあるビタミンやミネラルだけを含む「化学合成サプリメント」、「天然素材を利用して化学合成したサプリメント」、目的とする成分だけではなく、成分が自然に存在する配合であったり、フラボノイドなどが含まれるために、健康により好ましいとされることもある「天然の成分を抽出したサプリメント」です。5大栄養素のうち、糖質、脂質、たんぱく質を3大栄養素、ビタミンとミネラルを微量栄養素と呼びます。トクホと栄養機能食品以外の食品は「一般食品」に分類され、効果や効能を謳うと薬事法に違反します。

栄養を補うためにサプリメントを利用する場合には、まず必須栄養素をちゃんと摂取するように心がけましょう。次に「栄養機能食品」で、平成13年4月に創設された保険機能食品制度によって規定される保険機能食品です。日本で法的にはサプリメント=食品と分類されます。必須栄養素をきちんと補給した上で、体長や体質、疾病など個人の健康状態に応じて、一時的、あるいは間欠的にプラスすると効果的です。


プロフィール

なな

Author:なな
FC2ブログへようこそ!

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。