FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医療機関によるプラセンタの為に

プラセンタを定期的に投与することによって体質を改善するので、プラセンタ注射をやめた後でもすぐに元の状態に戻ってしまうということはありません。これを週に1回または2回程度注射することによって、プラセンタ治療となります。ですが局部的にどうしても改善したい問題があるという場合には患部に直接注射するということもありますので、これは医師と相談しながら進めていくのが良いでしょう。これで実際に効果が見られるのはどれくらいなのか、ということについては個人差があるので何とも言えませんが、最も効果が早く出る注射の場合で2~3回の注射で何らかの変化が実感できると言われています。プラセンタ注射をやめたからすぐに体に不具合が出るということはありませんので、ご心配なく。

医療機関でプラセンタ注射として使用されているのは「メルスモン」と「ラエンネック」の2種類で、どちらを使用するのかは医師の診断に応じてということになります。プラセンタを利用して何かを治療するという場合、それではどうやってプラセンタを投与するのでしょうか。医療機関でのプラセンタの使用方法で最も一般的なのがプラセンタ注射です。薬ではないので依存症という心配もほとんどありません。プラセンタが配合された薬剤を直接注射してプラセンタを体内に取り込みます。

注射の量は1回につき2~3アンプルです。もっともこれは美容目的の場合で保険が適用されないことを想定している価格です。1度の注射は平均して約3000円程度です。また副作用についても気にする方が多いのですが、本来は人間の女性にもある胎盤の成分を取り入れているわけですから、全く異質な薬とは違って副作用はほとんどありません。よく心配される方が多いのですが、プラセンタ注射は定期的な注射を行っている間だけしか効果がないというものではありません。

更年期障害や肝炎など、実際に治療目的でプラセンタを使用する場合には保険が適用されます。一般的には筋肉注射で充分なので、お尻など影響の少ない部分に注射します。あくまでも栄養成分のひとつとして体の中に入るため、薬より効果が表れるのがゆっくりですが、その代わりに副作用もほとんどないというわけです。ここではプラセンタの使用方法について具体的にお話します。アンプルというのは注射液が入った小さなガラスの瓶で、他の注射用薬剤もアンプルで販売されているものが多いので、プラセンタだけというわけではありません。


プロフィール

なな

Author:なな
FC2ブログへようこそ!

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。