FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にきびの洗顔方法の関連情報について

多くの治療薬にはサリチル酸や過酸化ベンゾイルが含まれており、これらは細菌と毛穴の閉塞を抑える働きがあります。また、角質細胞を削り取って肌の再生を促して色素沈着や赤みを取り除くとともに、コラーゲンを促成させてにきび跡を修復するケミカルピーリングという治療も行われています。できてしまったにきびの治し方としては、軽症であれば、市販の治療薬を効果があります。また、紫外線やたばこの喫煙や車の排気ガスによって作られる活性酸素もまた肌が老化させ、毛穴をつまらせます。コレステロールなどは男性ホルモンの分泌を促進すると言われますので、とりすぎには注意を必要とします。コラーゲンは肉や魚、特に骨や軟骨・腱・皮・内臓に多く含まれていますので、スペアリブ・手羽先・ヒラメ・カレイなどがにきび予防に効果的な食べ物であると言えます。

美容外科では、にきび跡を治療するためにいくつかの治療方法を行なっていますが、中でも症状に合わせた種類のレーザーを照射するレーザー治療は、ほとんどのにきびに対応しています。洗顔以外にも、食生活や生活習慣を改善することによって過剰な皮脂分泌を抑制し、にきびを予防することができます。また、過剰な皮脂分泌は、男性ホルモンの分泌が原因となっています。皮脂の分泌量は糖分や脂質の多い食品のとりすぎで増え、働きすぎやストレス、女性の場合の生理前後によるホルモンバランスの崩れ、睡眠不足なども過剰な皮脂分泌の原因になります。まず蒸しタオルを顔に載せるなどして毛穴を開かせ、十分に泡立てた洗顔料で洗顔し、十分すぎるほどにすすいだ後、乾いた清潔なタオルで水分を拭き取り、ニキビ用の化粧水等で保湿と水分補給を行うのが正しい洗顔方法です。中症以上になると、炎症を起こし、赤い部分が多数広がってしまいます。

正しい洗顔方法を最低でも朝晩2回、できればそれ以上行うのが効果的です。そのような場合には皮膚科の病院へ相談したほうがいいでしょう。また、ストレスや加齢によってコラーゲンが減少すると、肌の代謝力が低下し、毛穴を詰まらせます。コラーゲンは摂取するとアミノ酸に分解吸収され、再び体内でコラーゲン化します。これらのビタミンを多く含むイチゴやレモンなどの果物をバランス良く摂取するのがにきびの予防につながります。

最も効果的なにきび対策は、洗顔で毛穴をふさぐ皮脂及び汚れを取り除くことです。抗酸化作用のある食べ物としては、ビタミンC以外にビタミンEがあります。表皮の代謝力を活発にすれば、毛穴の詰まりの原因を抑制するのに効果的です。この際にビタミンCが橋渡し役をしますので、コラーゲンとビタミンCを多く含む食品を同時に摂取するのが効果的です。この洗顔によって清潔でみずみずしい肌を保てば、毛穴に汚れがたまりにくく、古い角質や皮脂と混ざり合うことがありません。


プロフィール

なな

Author:なな
FC2ブログへようこそ!

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。