FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美白効果についてどう思いますか?

美容についての効果が注目され始めたのは最近ですが、肝臓や更年期障害の薬としては、もう50年も前から使われてきています。この注射はプロ野球の清原選手が行っているということでも有名になりました。多少お値段は張りますが、効果はかなり期待できそうではありますので、一度試してみるのもいいかもしれませんね。動物性プラセンタはほとんど豚の胎盤が使われていることが多いため、独特のにおいがあります。プラセンタ療法の中でいちばん一般的なものとして、プラセンタ注射があります。

ある人は、週二回のプラセンタ注射を一ヵ月続けたことで、シミが薄くなり、しわが薄くなってきたという方もいます。しかしながら、植物性プラセンタは、美白の効果は期待できても、動物性プラセンタ特有の細胞活性効果(シミ、シワ、毛穴、にきびなどのアンチエイジング効果)は、成長因子がないため、期待できません。肌の老化などの「アンチエイジング」としても、よく名前があがっています。プラセンタといっても、ヒト由来のものから、ブタ、馬など、ほかにも、アロエ、クロレラ、葛根、アセロラ、大豆、ライ麦、トウモロコシから抽出されて成分でできている植物由来のものまで存在しています。この匂いがどうしてもだめだという人はこの植物性プラセンタを使用することもありかもしれません。

プラセンタとほかのビタミンB1などを混ぜて作られたにんにく注射と言われる疲労回復の注射もプラセンタ注射の一種になります。そういった肌への効果だけではなく、血行を良くし、免疫力を高めたり、痛みを抑える作用もあり、二日酔い、疲労回復、腰痛、肩こり、生理不順、冷え症、更年期障害、高脂血症、不眠、うつ病などの精神疾患にまで効果があるとされています。最近の化粧品やエステサロンでも、プラセンタは非常に高い評価を受けているため、美白化粧品のほとんどにプラセンタが使用されているとまで言われています。「若返りの秘薬」という評判はまんざらでもないようです。

皮膚科で行われているプラセンタ治療は、他には点滴、イオン導入、内服薬、埋没法などがあります。他にも、歯肉炎、胃潰瘍、リウマチ、膠原病、ベーチェット病、円形脱毛症にまで効果があるとされています。プラセンタは最近注目されている美容に有効な成分のひとつです。美白効果が高く、肌の三大トラブルといわれているシミ、しわ、にきび、その他にはアトピー、乾燥肌に敏感肌にまで高い効果があると評価されています。


プロフィール

なな

Author:なな
FC2ブログへようこそ!

ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。